創価学会第三代会長池田大作交尾録http://dakkai.org/erosakuikeda.html

創価新報より。「……今は離婚して寺田姓を名乗っているが、
昭和三十八年に金銭問題が発覚するなどして、
 高知支部の婦人部長の役職を解任され、学会から除名された、
いわくつきの退転者。また男性問題で蒸発するなど、
夫婦間の争いもたえない札つきの女性でもあった……」 
いかにも私が学会のお金を使い込んだかのように書いたり、
また何を血迷ったのか男性問題で蒸発したとか――
このように学会を離れた人間に対して、
事実を捏造し誹謗するのは、彼らの常套手段なのです。しかし、いくらなんでも、
私が学会のお金を「二千万円」拐帯して男と逃げたなどと書かれたんでは、
私の名誉にかけても許すわけにはいきません。
私は釈明と反撃の機会がほしかったのです。 

事実は逆なのです。創価学会の草創期、私どものような最古参の人間は、
学会の活動資金を自分たちで持ち出していたのです。
とくに選挙となると、すべて持ち出しでした。
後に、【【【学会員の夜逃げが各地で続発しました】】】けれども、
たいがいは、選挙資金の肩代わりや、
学会活動の資金を立て替えているうちに、事業が倒産したりしたためでした。

【【【「二千万円」は、私の家が学会に立て替えたお金なのです。
学会に、返してもらいたいと、私の方が要求していたのです。】】】
それを、私が持ち逃げしたなどとは何事ですか。
学会が私をそこまで貶めるなら、
私がこの十数年、誰にも告白しなかった様々な事実を、
この際、ぶちまける以外にないのではないか――と思ったのです。


四国会館の風呂場でも
岡山・後楽園の後、池田会長とどうなったかというと、
四国本部は高松市松島というところにあるんですが、
ある日、池田会長がそこに来られて、風呂に入られた。
そのとき、誰もいなかったんで、 私が浴衣と下着を持って行きました。
今でも、その浴衣の色を覚えてるんですが、
紺と白の鎖模様でした。 それで、風呂場に入っていって、
『背中、流しましょう』といって流しました。
その場は何もありませんでした。で、
【【【風呂場から出てゴロッと横になられて、
その後、【【私が手でしたか口でしたか……。】】これが二度目の『奉仕』でした。】】】

相手は身内だと思って、裸を見せても平気だ、
という気持ちが向こうにはあるんです。あるとき、
岡山の山○○子さんから電話がかかってきて、
『会長が来るから、いらっしゃい』という。
夜の夜中に出かけるわけにもいかず、電話でボソボソいってると、
主人が、『おまえ、会長や二〇〇造と出歩いてばかりいるが、いったい、どういうことだ』といって、 家庭的にも面白くなくなってきたんです。主人がダメだと言ってる、と山〇〇子さんに伝えると、
その翌日ですよ、 主人に副総支部長の辞令が届いたんです。
そればかりではありませんでした。
次は主人を衆議院選に出馬させる、とまで約束してくれまた。

 話は変わりますけど、
池田大作会長と間違いなく関係のあった婦人部幹部は、
私が目撃したかぎりでは、渡〇〇子さん、多〇〇子さん、山〇〇子さんの三人です。
とにかく、【【【池田会長ほど女好きはいないのではないでしょうか。】】】
【【【信仰というものを陰れ蓑にして、
やりたい放題のことをやっているのが、池田大作氏の正体なのです。】】】


15.池田の子を中絶したY子の場合
笠貫の女子部での活動歴は浅い。それが、たちまちにして全国女子部長になった。抜擢の背景には、
池田に対するY子の思い入れがあるのはもちろんだが、池田から見れば、笠貫の「尽くしに尽くすタイプ」を
側に置いておきたかったのである。やがて、【【【Y子は池田の子を身寵った。】】】
その子の中絶を手配したのが、横浜日赤で外科部長をしている、学会ドクター部幹部の森田修平だった。
このことについては、藤原行正が、「何代か前の女子部長」という匿名の表現で、中絶の件を暴露した。
池田は、それに対して過剰反応を示した。池田夫人・香峯子(かねこ)をして、
笠貫の妊娠を否定するアリバイ作りに加担させたのである。
池田夫人から婦人部の最高幹部が直接指導を受ける記事が、『聖教新聞』紙上に掲載された。
このようなことは、普通では、まずありえない珍事である。今年2月11日の『聖教新聞』7面には、
次のようぬなY子の記事が載った。「優しい妻に 強い母に 力ある婦人に_これは婦人部進出にあたり、
先生の奥様からいただいた指針です。」
池田は、女性スキャンダルのカムフラージュに夫人まで使って恥じるところがない。
《『スキャンダル・ウオッチング』90頁》


17.池田との異常な関係で離婚されたH(女性)さんの場合
Hさんと夫のAの結婚は五十五年、A(夫)が五十七歳、H(妻)さんが五十歳の時だった。
騒ぎが起こったのは、 一週間ほどの新婚旅行を済ませた翌日だった。
妻が「池田先生に挨拶に行こう」と いい出したのだ。
かつて第一庶務室に勤務した経験のあるHさんは、池田が自宅にいることをしっかり確認し
「今行けば、会ってくださるかもしれない」と池田家に夫を連れていった。が、
玄関口に現われた池田夫人は 「主人は寝巻姿なので出られない」と、冷たくいい放ってとドアを閉ざした。
そのまま自宅に戻ったAが
「家にいるのに出てこないなんておかしいじゃないか」というと、Hさんはいきなり怒りだした。
「池田先生のことを悪くいうなんて許せない」と叫びながら、
手当たり次第に物を投げつける、ヒステリー状態に陥った。

Aはこれにびっくり。こんな女とではとても一緒に暮らせないと、すぐ離婚を決意、実行に移した。
これだけなら、確かに異常ではあるが、どこにでもある、単なる夫婦喧嘩に過ぎないかもしれない。
問題は、Hさんが出ていった後しばらくしてからAに届いた、一枚の手紙だ。中身は便箋一枚の簡単なもの。
週刊誌の切り抜きのような文字が貼られてあった。「(池田大作と関係のあった女性)七、八人の中に
【【【あなたの奥さんもいます。】】】五月号の週刊新潮に、貞子と名入りで載ってました。
【【【大作の使い古しをいただいたのですが】】】」いったい、誰がこの手紙を出したのか、定かではない。

しかし、池田がこの夫掃の新婚旅行直後の挨拶に出てこなかったのは、
自分のお下げ渡し女をもらった亭主と
顔を合わせる気になれなかったのではないか、とAは後に述懐している。
Aは今、三人目の女性に恵まれ、平穏な日々を送っている。池田のお手つき女を黙ってもらい、
心ならずも池田に平身低頭してみせる学会幹部のその後の苦悩と比べ、Aの悠々自適な生活は対照的だ。




創価学会は統合失調症生産所
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1038049960
・創価学会員に統合失調症の人が多いのは本当? http://unkar.org/r/koumei/1299458671
・精神科医の告発(創価学会内部の現況)(1) http://ameblo.jp/vvv23272/entry-10881790074.html

・創価学会前会長・秋谷栄之助氏が脱会!?その2
http://logsoku.com/thread/anago.2ch.net/koumei/1331555542/
・日蓮正宗による創価学会脱会相談 http://myokan-ko.net/menu/soka110/110.htm
・個人サイト創価学会脱会者真実の体験談! http://toyoda.tv/taiken.htm
・創価学会脱会体験記2 http://b4.spline.tv/dakkai2/

・創価学会教祖池田大作交尾録http://bit.ly/wlCF0k
・創価学会教祖池田大作レイプ事件http://bit.ly/yejnX0
・創価学会前教祖“戸田城聖”性の乱れhttp://bit.ly/wwD6b6

・創価学会幹部中傷ビラばら撒き事件http://bit.ly/Av02iP
・創価学会幹部暴行・傷害事件http://bit.ly/AeY8Xl
・創価学会上級幹部脅迫事件http://bit.ly/zsJgP3
・創価学会幹部精神病http://bit.ly/xEBfIm
・創価学会員の凶悪犯罪http://bit.ly/zejjPh
・創価学会凶悪犯罪とストーカー・付きまといhttp://bit.ly/y1KCsW
・創価学会嫌がらせ・猛烈セクハラ・電磁波http://bit.ly/wpnc3o
・集団ストーカーの告発http://blog.goo.ne.jp/green5771

・創価学会3大地獄http://bit.ly/yofoKA
・創価学会信仰で家庭崩壊・金銭トラブルによる脱会者多数続出http://bit.ly/y3TU9q
・創価学会ミニ知識http://bit.ly/ysdOoR
・創価学会工作部隊http://bit.ly/A5ul9C
・創価学会分裂・崩壊寸前とノルマhttp://bit.ly/yBpZFN
                http://bit.ly/xMoNEl
・創価学会悪質実態告発http://bit.ly/wqUX0d



























創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ創価学会芸能界ネタ