★原野商法詐欺事件(平成元年)

犯人の福宝物産社長・○○○○は学会員で、しかも支部長でした。


★創価学会七億円脱税事件(平成3年)

墓石で得た収入について国税局から指摘を受け、
学会は23億8000万円の修正申告をし、約7億円の税金を納めています。
修正申告といえば聞こえはいいですが、要するに脱税です。


★日蓮正宗御僧侶誘拐身代金要求事件(平成元年)

大分県寿福寺御住職を誘拐し、
身代金六億億円を要求した犯人・桝永康典は、熱心な学会員でブロック長でした。


★現職公明党市議による覚醒剤取締法違反(平成5年)

犯人の○○○○は、島根県出雲市の現職公明党市議で、もちろん学会員です。。



★公明党議員による所得税法違反(平成5年)

前公明党市議の○○○○は、政治献金が所得税控除になることを利用し、
虚偽の政治献金収支報告書を選挙管理委員会に提出。
選管から発行された控除証明書を使って確定申告を行ない、不正に還付金を受け取っていました。


★現職検事による暴行事件(平成5年)

静岡地検浜松支部の現職検事・○○○○容疑者は、
取調中の被疑者に対して、土下座や往復ビンタなどの暴行を加えました。
金沢は創価大学出身で、池田とのエピソードを『聖教新聞』で紹介されたこともあります。


★団地組合理事長が組合費を横領(平成6年)

東京都練馬区光が丘「大通り南団地」管理組合の理事長だった学会員の○○○○は、
組合費5400万円を横領し、自分の会社の負債の穴埋めに使い、逮捕されました。


★公明党参議院議員による女性秘書セクハラ事件(平成7年)

公明党の参議院議員・○○○○は、参議院議員会館内の自室で
女性秘書にキスや肉体関係を迫り、訴えられました。なお、被害女性も学会員でした。



★東村山市役所職員の公金着服事件(平成8年)

東村市役所職員・○○○○は創価学会地区部長で、公民館貸し出しと経理を担当していましたが、
その職権を悪用して、施設使用料など約1300万円を着服し、逮捕されました。


★親が子を刺殺(平成8年)

平成8年8月4日、埼玉県鴻巣市の会社員が日本刀で刺され、死亡しました。
犯人は実の父親で、警察での取り調べで「これで殴られないで済む」と供述したとのこと。
この親子は、共に学会員でした。


★保険金殺人未遂事件(平成9年)

平成9年8月21日、学会員・○○は二人の仲間と共謀して、
不動産業の男性を保険金目当てに殺害しようと図(はか)り、拳銃を発砲しました。



★学会員名プロデューサーの麻薬取り締まり法違反(平成10年)

昭和50年代はじめ、『宇宙戦艦ヤマト』(アニメ)をヒットさせた元プロデューサーの○○○○(学会員)が、
覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕・起訴されました。


★中等部員の殺人強盗未遂(平成10年)

江東区に住む少年(15歳・学会員)が、短銃欲しさにナイフで警官を襲い、現行犯で逮捕されました。


★公明党県議の競売入札妨害(平成10年)

神奈川県平塚市の造成事業に絡み、公明党県議・○○○○が、建設業者の学会員Hに入札情報を漏らしたため、
競売入札妨害の容疑で逮捕されました。

★障害者女性妊娠事件(平成12年)

岩手県の知的障害者施設で、男性職員(学会副圏長)が、
知的障害のために判断能力のない女性入所者を妊娠させました。


★公明党区議の少女買春事件(平成12年)

公明党江戸川区議・○○○○は、女子高生20数名を相手に買春し、警察に逮捕されました。
ちなみに、松本は、少女らとの性交をビデオに収めるなどの破廉恥(はれんち)ぶりでした。


★創大初代学長の息子の破廉恥事件(平成12年)

創大初代学長・高松和男氏の息子で、有名大学の教授をしていた学会副支部長・○○○○は、
妻子ある身でありながら、インターネットで知り合った20代の女性と不倫交際をしたあげく、
その女性との性交を収めた画像や女性の下着を売る等の、破廉恥事件を起こし、
猥褻(わいせつ)図画販売の容疑で逮捕されました。



★あの破廉恥医師は学会幹部!
 医院の看板には堂々と三色旗

4月15日、警視庁捜査一課は、手術中の女性患者にわいせつな行為をしたとして、
ある整形外科「○○クリニック」の院長・○○○○を準強制わいせつの疑いで逮捕した。
調べによると宮本は、平成13年4月10日、
わきがの治療で診療所を訪れた東京都立川市の女性(23)に対し、
全身麻酔をかけ、女性の意識がもうろうとなったところで
わいせつ行為を働いたのだが、呆(あき)れたことに○○は、
自分のその破廉恥(はれんち)行為をビデオ撮影していたのである。
その宮本の犯行が明るみに出るきっかけとなったのは、
他ならぬ、自分自身が撮影したわいせつビデオが原因で「脅迫」され、
そのことを警視庁に相談したことから。
○○が保管していたビデオテープを警視庁が調べたところ、
○○のわいせつ行為が発覚したのである。まさに自業自得のような呆れた事件なのだが、
この事件に関するテレビ報道を見ていた読者の方々から、
「○○が経営するクリニックの看板に『三色旗』が描かれていた。
もしや○○は学会員では」との指摘が本紙にあった。
さっそく調査すると、クリニックには堂々と三色旗が掲げられ(写真)、
○○も紛(まき)れもなく学会員であり、
しかも地区幹事という役職に就(つ)いていることが判明したのである。
ならば、同じ学会員同士、「学会員の先生のところなら安心だ」と、
気軽に受診した学会婦人部・女子部も相当数いたのではなかろうか……。
宮本は、女性患者を手術する際には助手の立ち会いを認めなかったといい、
警視庁も余罪を追及する方針というから、
被害者の数は、これからどんどん増えていくに違いない。
「○○○○クリニック」で全身麻酔をかけられた記憶のある学会婦人部・女子部の面々は、
「三色旗」を「魔の住処」と見抜けなかった自らの不明をよく恥じたうえ、
早々に被害届を出すことを考えた方がよい。
<『慧妙』平成15年5月1日付より転載>



★公然ワイセツで逮捕の
「法務省公安調査庁上席調査官」は学会員

7月30日午後7時頃、東京・池袋駅東口付近の公園で、一人の中年男が
下半身を剥(む)き出しにしているところを通行人が目撃。
男は、通報により駆けつけた警察に公然ワイセツで逮捕された。
この男「H」の事件は、いわゆる街娼(がいしょう)を
相手にワイセツな行為を行なったものの、その対価を払わずに
下半身剥き出しのまま逃げ出したところを通行人に目撃され、
御用となった、というもの。
だが、それよりも驚かされるのは、
Hが法務省公安調査庁の上席調査官だったということだ。
公安調査庁とは、過激派やテロリスト、カルト教団など、
いわゆる治安を乱す輩(やから)を、 日夜、監視し研究している役所で、
Hはそこでイスラム圏の調査を担当していたのである。
ところが、さらにビックリさせられることがある。
なんと、Hはバリバリの学会員だったのである。
このことについて、『週刊新潮』は次のように書いている。
「元公安庁幹部が声をひそめて言う。
『彼、実は創価学会員なんです。
以前、同僚が彼の親の葬式に行ったところ、学会式の葬式だったそうです。
よくよく思い返すと、彼にコピーを頼むと異常な量を刷っていました。
情報の漏洩(ろうえい)を恐れて、 彼をメインの仕事からはずしたんです』
以降、休日出勤の折も、必ず<監視役>の職員をつけるようになった、
というのだが、この○○、それに気づいていなかったのか、
『若い女の子に、いい男がいるので紹介するよと、
連れ出した先が学会の集会だったこともあれば、
職場で学会の話題が上がっても
池田大作を<池田先生>と言ってはばからなかった(前出・公安庁関係者)』と、
布教活動にだけは熱心だった。」
9月下旬、Hは起訴猶予となったが、
それにしても、カルトとして監視されるべき創価学会の会員が
「法務省公安調査庁上席調査官」で、
その上、公然ワイセツで警察のお世話になる……いやはや、世も末だ。
<『慧妙』平成15年11月1日付より転載>



★大問題の虐待教師も学会員

今年の4月から6月にかけて、福岡市西区の市立小学校の男性教諭(47)が、
担任していた4年生男児(9)に対し、
虐待(ぎゃくたい)と呼ぶべき「いじめ」を行なっていた事件で、
10月8日、この男児と両親が、 約1300万円の損害賠償を求めて提訴した。
問題の男性教諭は平素、児童に対し、体罰として、
両耳を引っ張る「ミッキーマウスの刑」、頬(ほお)をつまむ「アンパンマンの刑」、
鼻を引っ張る「ピノキオの刑」などを日常的に行なってきたが、それも特に、
この男児に対して集中的に行なっていたという。
このため男児は、歯が抜けたり、耳が切れるなどのけがを負った。
また、男児の曾祖父がアメリカ人と知るや、授業中に平然と、男児に向かって
「外国人の血が混じっていて汚(けが)れている」との差別発言をなし、
さらには、「お前は早く死ね。マンションの屋上から飛び降りろ」などとも言った、といわれている。
このため男児は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症。
医師の勧めで9月8日から登校を中止している。
男児には、吐き気や頭痛、腹痛などの症状が出ているという。
およそ教育者としてあるまじき愚劣(ぐれつ)な行為であり、
損害賠償を求めて訴えられるのも当然であるが、
実はこの男性教諭、創価学会の地区幹部(B長)だったのである。
「平和(人権)・文化・教育」の団体を標榜(ひょうぼう)してはばからない創価学会だが、
「血が混じっていて汚れている」なる差別発言で男児の基本的「人権」を侵し、「対話」ではなく
「体罰」で従えようとする「教育者」が平然と地域幹部を務めるあたり、創価学会の称(とな)える
「平和(人権)・文化・教育」は、学会員、さらには学会シンパに対してだけのものであることが、
この事件でさらに明確になった、といえよう。
<『慧妙』平成15年11月16日付より転載>



★高齢者宅から大金盗んだ
 訪問介護員(学会員)に実刑判決

9月30日、訪問介護派遣先の高齢者宅から、
現金約750万円を盗み出していた元訪問介護会社社員・○○○○(42)に対し、
一関簡易裁判所は、「訪問介護員という立場を利用した悪質な犯行」
「自らの無計画な借金の返済に窮(きゅう)し
、一人暮らしの要介護者宅から、
複数回にわたり多額の現金を盗んだ犯行に酌量(しゃくりょう)の余地はない」と、
求刑どおり懲役2年の実刑判決を言い渡した。○○は今年2月、
ホームヘルパーとして派遣されていた一関市内の被害者宅の寝室から、
2回にわたって合計400万円を盗み出し、さらに5月25日、
被害者宅の窓ガラスを壊して侵入し、約350万円を盗み出していた。
○○一家の生活ぶりは派手なことで有名で、車をしょっちゅう乗り換えるなどしていたといい、
周囲は「よく金が続くものだ」と不思議に思っていたという。
その○○が、本来、ホームヘルパーとして
守り支えていくべき対象であるはずの被害者を「食い物」にしていた事実に、
社会福祉に携わる者は一様に困惑するとともに、どうすれば失った信頼を回復できるか、頭を悩ませている。
それほど、社会に多大な迷惑をかけた○○は、
実は平成2年までは、地元の正宗寺院に夫婦でよく足を運んでいた。
だが平成2年暮れに学会問題が勃発(ぼっぱつ)した途端、
お寺にはピタリと顔を出さなくなってしまったのである。
信心の狂いが、そのまま生活の狂いに直結したということか。
「仏法は体(たい)、世間は影」の見本のような事件といえよう。
<『慧妙』平成15年11月1日付より転載>







創価学会は統合失調症生産所
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1038049960
・創価学会員に統合失調症の人が多いのは本当? http://unkar.org/r/koumei/1299458671
・精神科医の告発(創価学会内部の現況)(1) http://ameblo.jp/vvv23272/entry-10881790074.html

・創価学会前会長・秋谷栄之助氏が脱会!?その2
http://logsoku.com/thread/anago.2ch.net/koumei/1331555542/
・日蓮正宗による創価学会脱会相談 http://myokan-ko.net/menu/soka110/110.htm
・個人サイト創価学会脱会者真実の体験談! http://toyoda.tv/taiken.htm
・創価学会脱会体験記2 http://b4.spline.tv/dakkai2/

・創価学会教祖池田大作交尾録http://bit.ly/wlCF0k
・創価学会教祖池田大作レイプ事件http://bit.ly/yejnX0
・創価学会前教祖“戸田城聖”性の乱れhttp://bit.ly/wwD6b6

・創価学会幹部中傷ビラばら撒き事件http://bit.ly/Av02iP
・創価学会幹部暴行・傷害事件http://bit.ly/AeY8Xl
・創価学会上級幹部脅迫事件http://bit.ly/zsJgP3
・創価学会幹部精神病http://bit.ly/xEBfIm
・創価学会員の凶悪犯罪http://bit.ly/zejjPh
・創価学会凶悪犯罪とストーカー・付きまといhttp://bit.ly/y1KCsW
・創価学会嫌がらせ・猛烈セクハラ・電磁波http://bit.ly/wpnc3o
・集団ストーカーの告発http://blog.goo.ne.jp/green5771

・創価学会3大地獄http://bit.ly/yofoKA
・創価学会信仰で家庭崩壊・金銭トラブルによる脱会者多数続出http://bit.ly/y3TU9q
・創価学会ミニ知識http://bit.ly/ysdOoR
・創価学会工作部隊http://bit.ly/A5ul9C
・創価学会分裂・崩壊寸前とノルマhttp://bit.ly/yBpZFN
                http://bit.ly/xMoNEl
・創価学会悪質実態告発http://bit.ly/wqUX0d





























創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪創価学会芸能界犯罪